金山駅前インプラントセンター

他の治療方法との違い

ブリッジ・入れ歯とインプラントの違いって?

ブリッジ 入れ歯 インプラント
治療方法
ブリッジは欠損部分の両隣の歯を削り、橋を架けるように両隣の歯に人工歯を被せる治療方法です。本来の噛み心地を取り戻すことができます。
治療方法
入れ歯は、欠損部分に取り外し可能な人工歯を入れる、比較的簡単な治療方法です。一部に人工歯を入れる部分入れ歯とすべての歯を失ったときに入れる総入れ歯があります。ブリッジと違って複数欠損した場合でも治療は可能です。
治療方法
インプラント治療は、歯槽骨(顎の骨)にインプラント(人工歯根)を埋めて、その上から人工歯を被せる治療方法です。
特徴
支えとなる両隣の健康な歯を削らなくてはいけません。また、支えとなる両脇の歯に橋を架けるため負担を与えてしまいます。
特徴
ブリッジやインプラント治療と違って、ものを噛む際に多少の痛みを伴います。また金具を使用するため、美しさに欠けてしまうのもデメリットです。なお装着時にうまく固定されず違和感が生まれ、固いものが食べにくくなることもあります。
特徴
咀嚼能率(ものを噛む能力)が最も高く、天然歯の約80%の力でものを噛めます。入れ歯と違い痛みや違和感なく咬合機能を回復することができます。また、見た目も自然で、ブリッジのように健康な歯に負担を与えることもありません。

上記の表を見れば3つの違いがわかるのではないでしょうか? 当サイト監修「タツキ歯科クリニック&エターナル」では、インプラント治療をおすすめしています。しかし、これほど優れたインプラント治療にもデメリットがいくつかあります。

インプラントにもデメリットがある!

当院では、機能回復(インプラント・入れ歯)、ホワイトニング、セラミック治療など(ホワイトニング・ラミネートベニア・オールセラミックス)、矯正歯科治療、予防歯科(デンタルケア・メインテナンス)を通して、ご家族やご友人と食事を共にし、大きくお口を開け笑い合えるような健康的で美しい口元を作るお手伝いができればと考えております。お口に関するお悩みをお持ちの方は、お気軽に当院へお越しください。

手術が必要

それほど大掛かりな手術ではありませんが、インプラント治療では手術を行います。手術の際は麻酔を使用するので、痛みは伴いません。
詳しくは「インプラント治療の流れ」でご紹介しています。

治療期間が長い・治療費が高い

ブリッジや入れ歯と比べたら治療期間が長く、個人差もありますが約3ヵ月~1年掛かるとされています。また保険が適用されないためブリッジや入れ歯に比べたら高いです。しかし、医療費控除を受けることは可能です。
詳しくは「治療費用と医療費控除」でご紹介しています。

治療を受けられない場合がある

歯槽骨の量が十分でないと、インプラント治療は受けることができません。その場合は、インプラント治療を行う前に、骨を再生させる手術をしなくてはいけません。
詳しくは「インプラント治療が受けられない場合がある!?」でご紹介しています。

見た目の回復が困難な場合がある

歯周病などで歯肉が下がっているケースは、治療をしても見た目の回復が困難な場合があります。先に歯周病の治療をしましょう。

メインテナンスをしっかり受ける必要がある

インプラントを長年使用するためには、定期検診や歯磨きなど治療後のメインテナンスをしっかり行う必要があります。

インプラント治療は自分に合っている?

インプラント治療が自分に合った治療方法かを歯科医師と一緒にしっかり考えましょう!
迷っている方は「こんな方にはインプラント治療がおすすめです!」をご覧ください。