金山駅前インプラントセンター

インプラント治療が受けられない場合がある!?

インプラント治療を受けられない人とは

インプラント(人工歯根)には生体親和性が高いチタンを採用しているため、金属アレルギーをお持ちの方を始め、幅広い年齢層で治療が可能です。しかし、治療が受けられない方も中にはいます。治療を考える前に、下記項目をチェックしましょう!

チタンアレルギーの方

上記でも記載した通り、チタンは生体親和性が非常に高い金属です。しかし、チタンによってアレルギーを起こしてしまう体質の方もごく希にいらっしゃいます。その場合は治療が受けられません。

16歳以下の方

治療では歯槽骨(顎の骨)にインプラントを埋め込むため、顎の成長が完了していない状態で治療を始めてしまうと、成長するにつれインプラントにズレが出てきてしまいます。ですから顎が成長段階にある16歳以下は、治療が受けられません。

インプラント治療が制限される人とは

上記に当てはまらなければ治療には年齢制限(上限)はなく、たとえ高齢者であっても可能です。しかし大掛かりではないですが手術を伴う治療なため、場合によっては治療が制限されたり他の部分を優先的に治療したりします。

妊娠中の方

治療の際には術前のレントゲン撮影や外科手術、術後の投薬などを行います。妊娠中の方はお腹の中にいる赤ちゃんに影響を与えてしまう場合があります。このようなリスクを避けたい方は、出産後に受けることがおすすめです。

骨の量が不足している方

インプラントを埋め込めるだけの量が歯槽骨にない場合は、治療はできません。そのような場合は、まず骨移植など骨を増やす処置を行う必要があります。

全身疾患をお持ちの方

インプラント治療には外科手術を必要とするため注意する必要があります。糖尿病や高血圧などの全身の慢性疾患がある場合は、まずは医師に相談し、健康状態を回復させてから受けましょう。

喫煙する方

喫煙は血管収縮作用を起こし、口内粘膜の血流を阻害するので、組織全体の免疫力が下がり、後の治りが遅くなってしまいます。また、喫煙者の方はインプラント周囲炎にかかる危険性も高まりますので、治療を考えている方は禁煙をおすすします。

歯周病の方

歯周病にかかったまま治療をしてしまうと、インプラントと歯槽骨とがしっかり結合できなくなります。歯周病の治療を先に行うようにしましょう。